From:
To:
 
 
 

Japanese Translator

  • ある程度予想はついていたものの、ホムラ達は大きな衝撃を受け、その動揺を隠すことはできなかった。
    彼らがその動揺を抑えるのに時間を置く必要があることは明らかだが、リオは母が死んだ当時の状況を語り始めることにした。
  • That much was expected, although the Homa stunner, could not hide its sway. Is obvious that need to reduce the upset they put time, Rio had to talk about the situation at the time my mother died.
  • そうして心を決め、リオは端的に事実を告げた。

    【【「……」】】
  • Doing so made up my mind, Rio told the facts briefly. 【【「……」】】
  • 【【「そうですか……」】】

    と、リオが力弱く呟く。
    何かを戸惑うように目を瞑り、小さく深呼吸を行う。

    【【「母は……殺されました。俺の目の前で」】】
  • [["Yes..."]], muttered Rio weaker force.

    So confused what is too easy and small took a deep breath. [["Mother. Were killed. In front of me "]]
  • かすかにうなだれて、だが、強い意志を感じさせる落ち着いた口調で、シズクは言った。
    それを聞くことで辛い過去を思い出させ、リオに不快な思いをさせてしまうことは夫妻にもわかっている。
    それが自分勝手な選択だとわかっていも、リオから罵られるかもしれないと思っても、それでも二人はリオにアヤメの死について尋ねることを選択した。
  • Hung faintly, but tone makes you feel strong-willed, shizuku said.
    Reminded in painful to hear it past that make you feel uncomfortable in the Rio known as husband and wife. I know it's selfish choices, may be yelled from the Rio, but two of them se
  • シトラス香料
  • Citrus fragrance
  • 【【「我々はそれを知らなければならない。あの子達を国から追いやり、そなたにまで苦労をかけてしまった我々は」】】
    【【「ええ、貴方にその事実を語らせてしまうことが残酷なことだとわかっていても、私達は聞かずにはいられないの。ごめんなさい……」】】
  • [["We must know about it. We children from the country, took the trouble to thee "]] [[" cannot know that Yes, you would let me tell the fact that cruel, we stare. I'm sorry... "]]
  • シトラス香料/レモンエッセンス/塩化マグネシウム/トウガラシエキス/ジャマイカカッシアエキス/アルコール/PEG水添硬化ヒマシ油/パラベン/精製水
  • Citrus flavoring / lemon essence / chloride magnesium / tugalaschechis / jamaicacasciaekis / alcohol Super-hydrophobic water accompanied curing castor oil / paraben / purified water
  • ホムラ達に警戒を促す意味も込めて、リオは遠まわしにその覚Satoruの程を尋ねた。
    本当に聞きたいのか、と。
    聞けば確実に胸糞が悪くなるような話だ。
  • Homa who urges vigilance as a landscape painter, asked Satoru that Satoru of in Rio.
    And I wanted to ask. They say if you hear absolutely annoying nauseating.
  • 濁したということはそれを教えたくないということだ。
    どうしてリオがそれを隠すのかは予想はつくが、ホムラは聞かなければならなかった。

    【【「……あまり面白い話ではないかと思いますが」】】
  • It's that want to teach it is unsourced.

    Or hide it why Rio is expected, but had to listen Homura. 【【「…… Think less interesting story "]]
  • 【【「ところで、ゼンの死因についてはともかく、アヤメがどうやって死んだかについては聞いていない。その話を教えてくれないか?」】】
  • [["BTW, how about Zhen's death nothing anyway, dead IRIS how do I haven't heard. Tell me the story? 」】】
  • 【【「そうか……」】】

    かろうじて苦笑を浮かべると、ホムラは目を瞑り押し黙った。
    決して短くない沈黙が室内に降りる。
    深く深呼吸を行うと、ホムラはリオが濁した事実を尋ねるために口を開いた。
  • [["So..."]] barely put a wry smile, Homa gentle knowing eyes.
    Never short silent down safes. Opened her mouth to ask Rio unsourced fact to breath deeply, and Homura.
  • 【【「いえ、この国にやって来て本当に良かったです。父と母の過去について知ることができました。それだけでもこの国に来た甲斐があったというものです」】】

    軽く笑いを浮かべ、一同が感じているであろうやりきれない気分を払拭するように、リオが澄んだ明るい声で言った。
    そんなリオの笑みにホムラ達は息を飲む。
  • [[', Came to this country, is really good though. You could know about my father and my mother's past.
    Is that it was worth it even just came to this country "]] lightly with a laugh, said, to dispel the unbearable feelings everyone feeling that Rio
  • 唸るようにホムラが呟いた。
    抽象化されて事実を聞くだけでも、リオの生い立ちが凄絶【【(せいぜつ)】】なものだということは嫌でもわかる。
    五歳で孤児になり、十二歳の身で両親を弔うためにシュトラール地方からヤグモ地方へ渡ろうなどと、普通は考えることすらしないはずだ。
    部屋の中で黙って話を聞いているゴウキとカヨコも難しい顔を浮かべている。
  • Homa muttered to moan.
    Rio's pwn is an abstraction, just listen to the facts, [[(seizetsu)]], that don't even know.
    Cross yagumo region from Strahl became orphan at the age of 5 and 12 years old in parents to mourn for, and usually you don't e
  • 【【「それから、まぁ色々とありまして、父と母を故郷の地で弔おうと思い、十二歳の時にヤグモへ向かいました」】】
    【【「……本当に苦労をしてきたのだ」】】
  • [["弔ou at home mum and dad, there and then, I think, during the 12-year-old headed yagumo"]] 【【「…… Has been struggling really "]]
  • 学院生活で貴族達からいじめを受けていたことについて触れることはせず、リオはCeliaにお世話になった話を中心に語っていった。
    そうやって苦労話を一切語ることのないリオだが、元孤児がそのような場所にいて苦労しないはずがない。
    リオがあえて辛い話をしていないことに薄々と気づき、夫妻はどこか沈痛な表情を浮かべて話を聞いていた。
  • Rather than mention that the school had received bullying from the nobles, Rio was indebted to Celia talk he speaks to the heart.
    Not doing so, any talk about Rio, former orphans were places such as have no trouble. Rio hasn't dared painful story to
  • その間にもリオは滔滔【【(とうとう)】】と王立学院での話を述べていく。
    リオの話を聞かなければならないと、ホムラはその疑問を一先ず捨て置いた。
  • In the meantime Rio affluently [[(finally)]] and continue talking to at the Royal School of. Have to listen to the story of Rio, and Homura is 捨te置ita first question.
  • グリセリン
  • Glycerin
  • アロエエキス
  • Aloe extract
  • 嘘は言っていないのだろうが、リオは何かを隠しているのではないか。
    そんな疑問をホムラは抱いた。
    薄らと目を細め、リオの表情に変化がないか探る。
    だが、王として多くの人間と接してきた歴戦のホムラをしても、リオの感情を読み取ることはできなかった。
  • It does not not tell lies, but Rio is hiding something.
    I wondered if the Homa.
    Squinting eyes and chill or no change in the face of Rio, explore. However, it could not read the emotions of the Rio Homura veteran has been in contact for many p
  • 【【「そうか……、逆境にもめげずにそうやって他者を助けることできたことは誇っていいはずだが……」】】
  • [["So should boast that could help others, doing so... the adversity he has.."]]
  • コラーゲン
  • Collagen
  • 【【「たまたまその国の偉い人を助ける機会があって、その関係で教育を受けさせてもらえることになったんです」】】

    と、その背後にある詳しい事情は伏せて、リオはその経緯を説明する。
  • Behind [["got that chance happened to help this man in the country, to get educated in relation to its"]] and the detailed circumstances, Rio to explain its history.
  • とても孤児が通えるような場所ではない。
    そういった機関は一部の富裕層に向けて設立されたものだからだ。
    どこの国でもそう違いがあるようには思えない。
    どうして孤児だったリオがそんな場所に通うことになったのか、それを尋ねようとしたが、ただならぬ事情が透けて見え、ホムラは言葉を濁した。
  • It is not a place very like orphans attend.
    From such an organization's established affluent class of the part.
    Doesn't seem there are so different everywhere. Had decided to go to such a place was the orphan why Rio or through extraordinary c
  • 話題は自然とリオのことに移っていく。

    【【「教育機関にか? 我が国もそういった場所はあるが、その……」】】
  • Topical nature and will move to Rio. [["Or educational institutions? Japan there is such that... "]]
  • 【【「そうか……、では、七歳からはどのように生きてきたのだ?」】】

    ホムラがその後のリオの生活について尋ねた。

    【【「七歳からはちょっとした事情もありその国の教育機関に通うことになりました」】】
  • [["So... and how they lived from the 7-year-old at?

    "]] About life after Rio asked Homura. [["Now attending educational institutions of the country, and even a little from the 7-year-old"]]
  • だが、すぐにシズクが泣きそうな顔を浮かべた。

    【【「といっても孤児だったのは七歳の時までですが」】】

    リオが苦笑いを浮かべながら告げる。
  • However, shizuku crying now face floated. [["And even though was an orphan until the 7-year-old is"]] tells the Rio with a wry smile.
  • 飄然【【(ひょうぜん)】】と、リオはかつて自らが孤児だった事実を口にした。
    自らの過去の境遇に一切不満を感じさせないその物言いに、夫妻は僅かに圧倒される。

    【【「……」】】
  • Encounter [[(hyouzenn)]], and Rio was mouth once was the orphans themselves.

    To say things in their past circumstances whatsoever to be perceived less overwhelmed and his wife. 【【「……」】】
  • 心の中でほっと息をついて安心する自分がいることにリオは気づいた。

    【【「……孤児です。王都にあるスラムで暮らしていました」】】
  • Rio noticed that about the breath relief in mind, rest assured you are. 【【「…… It is an orphan. Lived in slums located in King City ']]
  • 【【「五歳の時に……、それでは……、貴方はそれからどのように生きてきたというのですか?」】】

    おそるおそるとシズクが尋ねる。
    リオとしては母の死因を突っ込んで尋ねられるかと思っていたが、どうやら自分が五歳で孤児になった事実の方がインパクトが強いらしい。
    ユバに話した時と同じだった。
  • [["During the 5-year-old... and now... and you then how they lived??
    "]] Cautiously and ask shizuku.
    Often thought as Rio asked the cause of death of the mother, but apparently my became in the 5-year-old orphan impact seems to be strong. It w
  • 【【「そして自分が五歳の時に母が亡くなりました」】】

    強姦の末に殺されたという事実を教えるのはやはり憚【【(はばか)】】られ、リオは事実を抽象化して死んだという結果だけを伝えた。
  • Teach fact was killed at the end of the [[' and myself during the 5-year-old mother died "]] rape still toukagettan [[(spring?)]] was reported only by abstracting the fact Rio is the dead.
  • ゼンに関して語れることはほとんどなく、アヤメに関しての話が中心となる。
    リオが語るアヤメの話に、ホムラは懐かしそうな表情を浮かべ、シズクはそっと涙を流した。
    話は進んでいき、やがてアヤメの死について語られることになる。
  • To talk about the Zen Center will talk about IRIS, almost without.
    IRIS talks about Rio's, reminiscent face Homura is the shizuku wept softly. Story will move forward, eventually talked about the death of IRIS.
  • 二人の真摯な視線を受け止め、小さく深呼吸をすると、リオはゼンとアヤメについて差しさわりのないことを語った。
    その内容はユバに対して語った事とほとんど同じだ。
  • Received two earnest gaze and small to take a deep breath, Rio said proves that Zen and IRIS. Its contents is almost same thing said on the Yuba and.
  • 【【「二人が亡くなったのは自分が幼少の砌【【(みぎり)】】です。父については母から伝え聞いたことしか知りません。記憶もあいまいな部分もありますが、それでもよろしければ……」】】

    と、胸を締め付けるような心の動きに抗いながら、リオは言った。

    【【「もちろんかまいません」】】
    【【「……わかりました」】】
  • [["Two people have died of my childhood took [[(migiri)]] is. I don't know but heard from my mother for my father.

    Still memory sometimes ambiguous, but if you don't mind... "]], said Rio is a heart wrenching breast movement while.
    '[[O
  • だから、軽々しい思いで質問したはずがなかった。
    質問を投げかけたのはシズクだが、ホムラの目にも決然とした覚Satoruを覗【【(のぞ)】】くことができる。
  • So you couldn't question as a really thoughtless thoughts. Shizuku's threw the question, but also in the eyes of the Homa resolute Satoru Satoru, peek [[(of.)]] should and can be.
  • 決して興味本位からくる質問ではない。
    既に二人が死亡したという情報はホムラとシズクにも届いているはずだ。
    その具体的な死因を知らぬとはいえ、国を去って遠い異邦の地へ向かったゼンとアヤメが過酷な人生を歩んだであろうことは容易に想像ができるはずだ。
  • It's not a question never comes from the interest.
    The information that two people already have died should be arrived at Homura and shizuku. That Zen does not know the exact cause of death, but left the country and headed to a distant foreign count
  • I will be with you in spirit
  • 精神であなたとなります
  • 【【「聞かせてくれるかしら? アヤメとゼンのことを」】】

    それまでと打って変わって顔つきを引き締めると、シズクはその話題を口にした。
  • [["Tell I wonder? IRIS and Zen "]] contrast between it and tighten the face, shizuku is mentioned the subject.
  • 【【「ええ、そう」】】

    そんなシズクがリオに微笑んだ。
    その柔らかい笑みに引き込まれるように、リオも薄く微笑む。
    この笑顔だけでシズクの人柄がよくわかる。
    リオはシズクに亡き母の面影を感じとった。
  • [["Yes, yes"]] that shizuku smiled at the Rio.
    To be drawn into that soft smile smiles thinly Rio.
    This smile just by shizuku's personality is understood well. Rio shizuku to death when felt the glimpses of my mother.
  • ロン醸
  • Ron jyouji
  • ン醸
  • • Jyouji
  • 【【「そうなのでしょうか?」】】

    不思議そうに疑問を口にしながらも、リオはじっとシズクを見据えている。
    精霊術を扱えるおかげで、シズクの容姿はまだまだ若々しい。
    仮にアヤメが生きていたとしたら、歳の離れた姉妹といえば通じそうなくらいだ。
    リオの記憶の中にあるアヤメが歳を重ねたら、こういった女性になるのではないかと想像できる人物だった。 
  • [["What would that be?
    "]] Curiously mouth while questioning, Rio still ahead shizuku.
    Thanks to deal with spirits of shizuku looks yet still youthful.
    That's about going through years away, would if alive IRIS sisters. You can imagine a
  • 【【「貴方の雰囲気は本当にアヤメによく似ているわ」】】

    柔らかく静謐【【(せいひつ)】】なリオの雰囲気に、今は亡き娘の面影を重ねたのか、シズクが穏やかな笑みを浮かべて言った。
    ふと、出された母の名に、リオが僅かに目を見開きシズクを眺める。
  • [["Your mood really IRIS resembles.]] soft and serene [[(seihitsu)]] that said, smiling a calm atmosphere of Rio, now hovers over vestiges of the chujo or shizuku. Produced by chance, mother's name, Rio eyes spread slightly, shizuku.
  • Jyouji
  • 二人から投げかけられる言葉に、落ち着いた口調でリオは答えており、緊張のそぶりもなく、時折、出されたお茶の入った容器を見下ろしていた。
  • In tone are cast from two words, Rio looked down and answered, without any air of nervousness, occasionally produced tea containers.
  • ホムラに勧められ、リオが席に着く。
    すると、待ちきれないと言わんばかりに、二人はリオに向かって話しかけた。
    繰り広げられるのは当たり障りのない話ばかりだ。
    意図的に避けているのではないかというくらいに、アヤメとゼンに関する話題が出てくることはない。
  • Homura, seat at the Rio.
    Can't wait to say, spoke to Rio towards a two of them.
    Only a bland story is unfolding. Not come out as it has deliberately avoided discussion of IRIS and Zen.
  • 【【「まずは席に座ってくれるか?」】】
    【【「はい、失礼します」】】
  • [["Or sit first seat? "]] [[" Yes, excuse me,']]
  • ヒアルロン醸
  • Hyaluronic jyouji
  • 最初からいきなり重たい話をするのも気が引ける。
    束の間とはいえ、今は少しでもそれを語るにあたって心の準備をしたい。
    そう考え、リオは僅かに相好を崩し、返事をした。
  • First borne on very heavy or feel intimidated.
    The fleeting, however, now talk about it even a little, you want to prepare. So Rio busting grin slightly and replied.
  • ヒアルロ
  • Gallo
  • 真っ直ぐにリオを見据えて、国王夫妻は心から安らいだ表情を浮かべた。

    【【「はい」】】
  • Looking ahead to Rio to straight, floated the look comforting from King and his wife. [[Yes]]
  • 言って、ホムラは柔らかな笑みを浮かべた。
    シズクもそれに賛同するように深く頷いている。

    【【「まずは長年会うことのできなかった家族の親交を温めようではないか」】】
    【【「ええ、言いたいこと、聞きたいこと、たくさんあります。密会できる時間は有限ですが、精一杯お話をしましょう」】】
  • The Homa floated a soft smile.

    To support it even shizuku nodding deeply.
    [[See's family could not meet for many years first warms up does not like "]] [["Yes, you want to say, you want to hear a lot there. Tryst that time is finite, bu
  • 【【「我々も戸惑いがないと言えば嘘になる」】】

    そんなリオの考えを察したのか、ホムラはなめらかな声でそんなことを言った。
    どうやら戸惑っているのは国王夫妻も同じようである。

    【【「だが、こうして巡り会えたことを嬉しく感じているのは確かだ」】】
  • What thoughts do Rio [[see says we are not embarrassed becomes a lie"]], Homa said that in a smooth voice.

    Apparently confused as King and his wife are same. [["But feels pleased to thus meet."]]
  • Щ產国名:日本 【累材料名】
    水、ヒアルロン醸、コラーゲン、 アロエエキス、グリセリン
  • Щ announcement country: Japan [in material name] water, hyaluronic jyouji, collagen, Aloe extract, glycerin
  • 參耳クサイヤーシートを指に巻いて、優 しく耳の中を拭いてあげてください。耳の 入り口から徐々に憒れさせながら奥へと 使用してください。
  • "Ear kusayer sheet wrapped around the finger, Yu give wipe in your ear properly. From the entrance of the ear gradually 憒 and while use and back.
  • そんなリオの余所余所しいともいえる態度に寂しさを覚えたのか、国王夫妻は困ったような表情を浮かべた。
    リオは苦笑めいた表情を浮かべて夫妻の言葉に応える。
    いきなり自分の母が王族だと言われて、ならば自分も王族だと、笠に着るような真似が出来るほどにリオの神経は図太くない。
    リオはどう接すればいいのかを計りかねていた。
  • King and his wife floated face troubled felt the loneliness can be said that Rio's 余所余所shii attitude.
    Rio look like bitter, respond to the words of Mr and Mrs.
    Suddenly my mother's Royal family said, if so I can wear shades and their Royal fam
  • 二人に会うまで、いったいどのような人物なのだろうかと、リオは想像をめぐらしていたが、どこか品を感じさせるものの、予想外に気さくな印象を夫妻に抱いた。
    その表情は柔らかく、爛爛【【(らんらん)】】と光り輝く目の奥には、リオに対する慈愛の念が籠っている。
  • Rio uncertain about imagination and wonder if what people what to meet two people, somewhere to feel, but unexpectedly embraced Mr. and Mrs. friendly impression. The expression is soft and 爛爛 [[(ranran)]] and shining eyes, that because feeling of compassi
  • 【【「おぉ、そなたがリオか」】】

    歓喜の笑みを浮かべ、なめらかな声で、ホムラはリオの名を口にした。
    シズクは感極まったようにリオの顔をじっと見つめている。
  • [["Your, thy Rio?"]] smile of delight, with a smooth voice, Homa Rio name a mouth. Shizuku is like an emotional Rio face staring.
  • ゴウキ達が村へやって来てから二日後。
    アヤメの過去の処遇からリオの存在は公にすることはできず、リオと国王夫妻との会談は秘密裏に行われることが決まった。
    現在、リオは客人として王城に滞在しており、その素性を知る者はリオを案内したゴウキ達と国王夫妻のみである。
  • 2 days after Gong who came village.
    From the IRIS past treatment in Rio cannot be publicly, decided could be made in secret talks between Rio and Mr. and Mrs. King. Currently, the Rio guest Ojo and their gong and Mr. and Mrs. King led Rio only in it
  • 第44話 祖父母との面談
  • An appointment with no. 44-story grandparents
  • 【【「ありがとうございます! 現在、この場にいる者達には事情を説明してあります。この者達は実力もあり、確実に信頼できると陛下と私が断言できる暗部の者達です。王都までの道のりは我らが護衛に就きます」】】

    そう言って、今一度、ゴウキ達はリオの前に跪き、その忠誠を示した。
  • [[See thank you! Have tried to explain to the people currently in this area. Is a dark person who is talented, reliable and can assure your Majesty that I people. Road to King City goes to escort us "]] saying, once again, Gong who is kneeling ago the Rio
  • 【【「わかりました」】】

    予想外の大事に内心で苦笑しながらも、リオはその願いを承諾した。
    ゴウキ達の表情に歓喜の色が写る。
  • Also with a wry in unexpected care [["OK"]], agreed the Rio. Jubilant color reflected on the faces of the Gong.
  • 【【「国王陛下とですか……」】】

    一応、リオの祖父にあたる人物である。
    実感は湧かないが、この空気で面会を拒否できるとも思えない。
    彼らも引き下がらないだろう。
    これまでのゴウキ達の態度からすれば身の安全も保障されそうである。
  • [["Is his Majesty..."]] hit Rio's grandfather, who.
    I think I realise that whatever, this air can be denied visitation.
    They are also not back down. From the attitude of the Gong we ever so and ensured safety too.
  • 【【「リオ様、国王陛下はリオ様とお会いになることを望んでおられます。どうか私と一緒においで頂けないでしょうか?」】】

    真摯な口調で訴えかけるようにゴウキが語った。
  • [[See Rio as the his Majesty the King wants to meet with Rio. Whether you come with me? "]] Said in a serious tone to appeal to Gong.
  • リオとしては少々早計な気がしないでもない。
    それほどに自分がアヤメに似ているということだろうか。
    今は亡き母の顔を思い出してはみたがわからない。
  • Is a little premature as Rio is not.
    I wonder that so resembles their irises. Now defunct when do not know but I remember my mother's face.
  • 【【「リオ様のご尊顔を拝し奉った暁には感極まりました。確信したのです。この方はアヤメ様のご子息に違いないと」】】
  • [["Xiao worship streamers are flesh of the Rio 感極marimashita. It is convinced. And this must be your son of Ayame "]]
  • 王妃 王妃 「ひーーーーーーっ! ひっ…ん…ひっ…ぃ…ああ… ひぃいいい…っ! ひーーーーーーっ! ひぃい!」
  • Queen Queen ", didnt I! My boobs. I... My boobs. Shii. Oh... Day I do.... tsu! Day didnt I! Day!?! 」
  • 他の者ならばいざ知らず、それを言っているのは祖母であるユバだ。
    本物か偽物か確信は持てなかったが、真否の判断を誤る可能性は低いように思えた。
    そこで、ゴウキは直ちにその件を国王に報告し、指示を仰いだ。
    すると、ゴウキとカヨコの目で判断して、リオがアヤメとゼンの息子であると確信したのならば、二人の過去を説明し、リオを招集するように命じられた。
    命令を受けたゴウキは信頼できる部下を厳選し、飛ぶようにこの村へとやって来たというわけである。
  • If other farmers, saying it is a grandmother in Yuba.
    Wrong judgement of the falsity is real or fake? sure could have seemed to be low.
    The Gong is immediately, and report to the King, looked up the instructions.
    Then, ordered to convene
  • ゴウキとカヨコが沈痛な表情を浮かべる。
    当時、カヨコの腹の中にはゴウキの息子であるハヤテの命が宿っていた。
    表向きはゼンの暴走により逃亡したことにしなければならなかったこともあり、アヤメの守護の任に就いておりながら、ゴウキとカヨコはカラスキ王国に留まることになったのだ。

    【【「ですが、過日、ユバ殿から一通の手紙が届きました。そこにはアヤメ様とゼンのご子息がこの村に滞在していると書かれてあったのです」】】
  • Gong and Kyoko's pensive face floats.
    Hayate the combat Butler at the time, in the belly of the Kyoko Gong's son in life dwelled.

    It also had to be escaped by the then runaway ostensibly of a patron of the IRIS project and, while Gong a
  • 公的に見ればゼンとアヤメの行いは国家反逆罪となる。
    ゼンに限って言えば王族誘拐罪と脱走罪も付け加えられる。
    二人の秘密はカラスキ王国の秘中の秘として取り扱われることになり、真相を知るのは一部の上層部の者達とゼンの母であるユバのみとされた。
    ユバがリオに両親の話をすることができなかったのは国王の命令があったからである。

    【【「我らはアヤメ様に付き添うことができなかったことをずっと悔いて生きてきました」】】
  • If you look at the public deeds of Zen and IRIS would be treason.
    Speaking only Zen Royal kidnapping crime and desertion Sin added.
    Two secrets would be treated as confidential Arcanum Noctis Kingdom of Kaliski, was only the mother of Zen and
  • ゴウキとカヨコが沈痛な表情を浮かべる。
    当時、カヨコの腹の中にはゴウキの息子であるハヤテの命が宿っていた。
    表向きはゼンの暴走により逃亡したことにしなければならなかったこともあり、アヤメの守護の任に就いておりながら、ゴウキとカヨコはカラスキ王国に留まることになったのだ。
  • Gong and Kyoko's pensive face floats.
    Hayate the combat Butler at the time, in the belly of the Kyoko Gong's son in life dwelled. It also had to be escaped by the then runaway ostensibly of a patron of the IRIS project and, while Gong and Kyoko was
  • 当時、アヤメがゼンのことを好いているのは国王の目から見ても明らかであった。
    しかし、当時のままでは身分の壁が邪魔をして二人が結ばれることはなかっただろう。
  • At that time, like Zen that IRIS is seen from the eyes of the King also was unclear. However, it would never interfere, ID wall as it was tied up two people.
  • ますますろれつが回らなくなりながらも、王妃はモンスターにしがみついていく。
  • Though it became increasingly slurred Queen will cling to the monster.
  • 王妃 王妃 「ううぐぐぅ…っ…はっ…ひっ…はう…ぐぐぐ…ん! ぐぐう…っ…壊れ…ひゃうぅぅぅ…らめぇぇぇぇ!」
  • Queen Queen ' seifa-shall be used. tsu... The boobs. My boobs. Hmm... Gugugu. I! To prevent guu. tsu... Fragile. Abcdhidden yauuuu. From our chaaaaange! 」
  • だから、国内においてもやむを得ずに開戦したという風に説明するため、ゼンとアヤメが冤罪を恐れて勝手に逃亡したことだけは事実として扱わなければならなかった。
    近隣諸国に対してもアヤメとゼンの指名手配も行い、その態度を徹底させたという。
    そのおかげで彼らは行き場所を失い、シュトラール地方にまで足を運ぶこととなった。
  • So, just to illustrate the war in Japan unavoidably to that Zen and IRIS fear false accusations, fled to had to work as a fact.
    Neighbors also arranged the nomination of IRIS and Zen, carried out in its attitude. Thanks to that they became Strahl re
  • 王妃 王妃 「ひゃひぃぃぃ、ご、ごわれりゅううぅぅ、うっぐうぅ、 はっ…んぐううっ、んぐあああっ、あーーーーっ」
  • Queen Queen "tips Nya, ugh, please, please we international it is very sad, we was guu, is!. I guu shall be boobs, I prevent Ah Oh, Oh Showtime! "
  • 王妃 王妃 「らああっ、らめええっ、らめええええっ、 んぎいいいい、ぎひいぃぃ、んあぁぁぁぁ、ああっ」
  • Queen Queen "from Oh!, et, Yes!, et, eh eh!, I Motegi good, Motegi great NYI, I Oh!!, Oh!"
  • ヘテロギガントの体が揺れたかと思うと、王妃が鋭い悲鳴を上げはじめた。
  • Began to raise or heterogiganto body rocked and I think Queen a sharp scream.
  • しかし、モンスターにとってそんな人間の情緒など理解できるわけもなかった。
  • However, for monsters understand such human emotions, no.
  • 国王が最終的に下した判断は結果から見れば大成功だったかもしれない。
    しかし、十分な勝算があったとはいえ、国民を騙したことには違いなく、一歩間違えれば取り返しのつかない膠着状態に陥っていた可能性もあった。
  • King ultimately ruled seeing from the result might have been successful. However, had fallen into stalemate not irretrievably deceived people despite the odds enough to arguably the one wrong move could have had.
  • 王妃 王妃 「はぁぁ………はぁぁ………はぁぁ………あぁ……… ん……はぁ……あぁ……」
  • Queen Queen "is AA. The AA. The AA. Oh... I... The NAA. Oh...... "
  • 王妃 王妃 「んはぁ……あなたぁぁ……しゅごいぃぃ…んはあぁ…… あはぁぁん……はぁ……しあわへぇぇ……はぁぁ……」
  • Queen Queen "it is I. Your dog... Shugo Chara? ~. It is well... Ahahaha I'm... The NAA. And ' Tis to sink. The AA...... "
  • 国民の不満は解消され、賠償金により国も潤【【(うるお)】】った。
    ロクレン王国は大きく国力を低下させ、現在はカラスキ王国の属国状態にあり、戦争を起こそうなどと考えることもできない状況にあるという。
  • Public discontent, and further compensation country also Jun [[(can you)]] was had. Rochlin Kingdom greatly lowers power and currently is Kaliski Kingdom tributary State, war KIA can't think this unlikely, such as the.
  • 【【「ロクレン王国は必死に休戦協定を申し入れてきましたわ」】】

    実に愉快そうな表情を浮かべ、ゴウキはその時の状況を語った。
    休戦協定にあたってはロクレン王国側に開戦の非があったことを全面的に認めさせ、その首謀者である王子はカラスキ王国の手により国民の面前で処刑し、さらには多額の賠償金も支払わせることになった。
  • [["Rochlin Kingdom desperately truce offered.]] look really happy, Gong said the situation at the time. Prince admitted fully that Rochlin Kingdom side non-war was upon the Armistice, the mastermind was by kaluski Kingdom and executed in the presence of t
  • 夢を見ているがごとく、うわごとのように『幸せ』『あなた』『精子』を繰り返す王妃。
  • The Queen of happiness' and 'you' "sperm" to repeat, like a dream.
  • 王妃 王妃 「もっろぉ…くらはいぃ……せひぃぃ……もっろ…… あなはぁぁ……もっとぉぉ……せいひぃ……」
  • Queen Queen "also I Roo... Very much Yes!. Ask anyway. Also I filter. Is your dog... More luck... Seihi!... "
  • ロクレン王国本軍はやむを得ずにこれに応戦したが、背後から迫って来た少数精鋭の武家軍に戦局を大幅にかき乱され、将軍の首をあっさりと討ち取られることとなる。
    侵攻軍に混ざっていたロクレン王国の王子も捕虜として拘束された。
    まさしくカラスキ王国の歴史的大勝利であった。
  • Rochlin King kunimoto would be had with heads of Samurai military elite forced the army to battle it was approached from behind and groaned situation significantly.
    Prince Rochlin Kingdom was mixed with the invasion forces were detained as prisoners
  • 王妃 王妃 「はふうぅぅん……はぁぁ……し、しあわへぇぇ…… あ…あぁ…あなはぁぁ……ひあわへぇぇ……」
  • Queen Queen "is like uu's... The AA. And then ' Tis to sink. Oh... Oh... Is your dog... Tips to ' Tis awesome...... "
  • 武家の精鋭軍はロクレン王国に一方的に深刻な駄目ージを負わせた。
    ロクレン王国本軍も後方の慌ただしい動きを察したが、目の前にいる敵軍を無視して立ち去ることもできない。
    精鋭軍が反撃を食らう前に手早く撤退してくると、遂にカラスキ王国本軍はロクレン王国本軍に攻撃を仕掛けた。
  • Samurai elite army blamed Rochlin Kingdom to unilaterally a serious no-no.
    Rochlin King kunimoto can't get away, ignoring the enemy in front have inferred a flurry of activity behind the army. Come quick withdraw before eating elite army counteratta
  • カラスキ王国は、陽動のために大軍を編成し、ロクレン王国へと進軍させて注意を引いた。
    もちろんロクレン王国も迎え撃つために軍を動かさざるをえないため、大軍を編成してそこに派遣させることになる。
    そうして国境付近でロクレン王国軍はカラスキ王国軍と睨み合った。
    その背後ではカラスキ王国の武家による精鋭軍が一気に内部まで進軍していることも知らずに。
  • Kaliski Kingdom organizes large armies to diversionary, Rochlin realm and marched his army to drew attention.
    Which cannot of course engage the Rochlin Kingdom military forces for the army to organize, to pave the way to there.
    And stared at e
  • これによって僅かではあるが、国内の反対勢力とロクレン王国との関係で時間を稼ぐことができた。
    その間に国王と一部の者が主導して秘密裏に計画を遂行する。
    国内の反対貴族とロクレン王国に察知されない程度の規模で、精鋭中の精鋭で構成された武家の軍を、ロクレン王国に見つからぬように派遣したのだ。
  • You could earn time in relation to domestic opposition and Rochlin Kingdom this bit is.
    Led by King and some during that time, to carry out the plan in secret. It's took Rochlin Kingdom size undetected in Japan against nobles and Rochlin Kingdom in
  • 王妃 王妃 「んはぁぁ……はひぇぇ……ふひゅぅぅ……はぁぁ…… いひぃぃぃん……んはぁぁ……あぁぁ……」
  • Queen Queen "it is I. The day XD... Whew, yuuu. The AA. No, ugh I. It is AA. Wow... "
  • 【【「そこで国王陛下は、表向きは要求を呑んだフリをして、ゼンにアヤメ様を連れて逃げるように内々に命令を下しました」】】
  • [["So his Majesty the King is ostensibly gasped requests to take IRIS to Zen, to flee secretly made the instruction"]]
  • 王妃は、白目を剥いたまま3度目の絶頂に達した。
  • Peeled White Queen still culminated for the third time.
  • 王妃 王妃 「いく、いっく、いぐううっ、ひぐうう、 いっぐうううーーーーーーーーーーーーーー!!」
  • Queen Queen ",.. the. guu shall be!, lamplight guu shall, not! guu uuuuuuuuuuuuuuuu! 」
  • 国民や一部の貴族の不満を押さえつつ開戦し、なおかつカラスキ王国が戦略的に優位に立つ計画を練る必要があった。
  • While holding the complaints of citizens and some of the nobility, and war had to plan and Kaliski Kingdom strategic and competitive standing.
  • 王妃 王妃 「んあぁぁ、んあぁぁ、んあぁぁ、んあぁぁ、んあぁ ひぐぅ、まらひぐぅ、まらぁぁ、いぐ、いぐう」
  • Queen Queen "I Wow, I Wow, I Wow, I Wow, I Oh tips seifa-the stayed tips seifa-the stayed AA, not prevent,. guu"
  • 王妃 王妃 「あひいぃ、はひいぃ、はひぃぃ、んああぁ、あぁ、 ぞぐぞぐずるぅぅぅ…」
  • Queen Queen "oh great Shii, is great Shii, the lamplight NYI, I Oh, OO, uuu zoguzogu caused..."
  • しかし、カラスキ王国としてはもはやロクレン王国に対する信用は皆無である。
    仮に条件を呑んだからといってロクレン王国が休戦協定を履行するかについては大いに疑問を抱いていた。
    ロクレン王国の要求を呑むわけにはいかない。
    かといって、真実を公表したり、要求を突き返せば、正面からの全面衝突が発生し、戦局は泥沼となる。
  • But as kalanki Kingdom no longer Rochlin realm trust is none at all.
    Was very much wondering about about, or to fulfill their Armistice Rochlin Kingdom from gasped even if conditions.
    Breathtaking Rochlin Kingdom requests cannot go wrong. I sa
  • そして、うめくような声で何度も何度も叫びながら、モンスターの下腹部に自分の陰部をぐりぐりとこすりつける。
  • And crying many times many times with a groan on the underbelly of the monster rubbed ground where his pudendal.
  • ヘテロギガントと王妃の結合部から、再びおびただしい量の精液がほとばしる。
  • From the junction of heterogiganto and Queen once again Gush copious amounts of semen.